カプセルコーヒーが人気のワケ

知らない人は損してる!カプセルコーヒーが人気のワケ

家庭で楽しめるコーヒーとして人気が高いカプセルコーヒーですがなぜ利用者が増えているのでしょうか。

 

 

カプセルコーヒーの利点は全自動のマシンのボタン一つを押すだけで、専門店のように美味しいコーヒーを手軽に楽しむことができることです。

 

カプセルを使用することにより、内部構造が簡素化され、従来のコーヒーマシンに比べてサイズも小さくなりました。

 

今ではすっかり馴染みとなったカプセルコーヒーですが、いつ発売されたのでしょうか。

 

1976年、スイスのネスレ「オリジナルネスプレッソカプセル」で世の中に初めて姿を現しました。

 

エスプレッソマシンで高温、高圧で迅速にコーヒーをドリップするのと同じようにコーヒーの複合的な香りと味をそのまま感じることができるというのがカプセルコーヒーです。

 

特に豆は弾いた状態では1週間以内に使わなければならないほど、香りが簡単に飛んでいくので完全密封されたカプセルの状態のコーヒーは保存力にも優れています。

 

また、正確に軽量されたコーヒーの量、そしてマシンにプログラムされた水の温度、水の量によって最適な条件で抽出されるので、いつでも変わらずにコーヒー専門店のようなレベルの味と香りを楽しむことができます。

 

何よりも豆を挽いたり、タンピングなどの面倒なプロセスなしでカプセルを入れた後にボタンを押すだけで自動的にエスプレッソが抽出されるため、非常に人気が高いです。

 

ゴミもほとんどなく、手入れや掃除も簡単なので一人暮らしや共働き世代を中心に人気が出ています。

 

また、ご主人はエスプレッソ、奥様はモカ、お子さまはカフェオレというように、全員好みが違ってもカプセルを選ぶだけなので手間がいりません。

 

 

ただし、欠点としてはマシンに合ったカプセルコーヒーを使用しなくてはならないこと、豆を選ぶ範囲が狭いなどが挙げられます。

 

その代わり、専門的な知識がなくても最高の味を保証してくれるという利点もあります。

 

コスト面で考えるとコーヒー専門店よりもカプセルコーヒーの方が費用を抑えることができます。

 

もちろん、専門店での雰囲気や場所を提供してもらえるメリットはなくなってしまいますが、単にコーヒー愛好家が節約するという視点から考えれば合理的な選択なのではないでしょうか。

 

コーヒーメーカー無料レンタルおすすめ機種


トップへ戻る