カプセル式コーヒーメーカー

コーヒーの健康効果

 

コーヒーに含まれている成分であるカフェインには、どんな効果があるでしょうか。

 

カフェインには、眠気覚ましなどの神経を興奮させる作用や、利尿作用があります。このほかにも、自立神経の働きを高めたり、運動能力を向上させる働きなどがあります。

 

深炒りのコーヒーよりも、浅炒りのコーヒーのほうがカフェインを多く含んでいます。

 

 

目覚めがよいコーヒーの飲み方

 

眠気をこらえて仕事や勉強をしても効率は上がりません。そんなときは、コーヒーを飲んでから20分ほど昼寝をすると目覚めがすっきりします。

 

コーヒーに含まれるカフェインが脳に届くのは、飲んでから約30分後です。コーヒーを飲んで、その10分後に眠りについたとすれば20分ほど眠れば、目覚めたときにはちょうどカフェインが効き始め、頭がすっきりするというわけです。

 

 

クロロゲン酸の抗酸化作用

 

クロロゲン酸はコーヒーに含まれる成分として、最近注目されています。コーヒー豆を焙煎したときに褐色となる色素や特有の苦味、香りのもととなっている成分がクロロゲン酸です。

 

クロロゲン酸はダイエットに効果的なポリフェノールです。体内の脂肪の蓄積を抑える働きがあり、脂肪肝を予防する効果が期待できます。

 

また、抗酸化作用があり、直腸がん、胃がんなどのがんや糖尿病、動脈硬化などの予防に効果があるという研究報告が相次いで発表されています。

 

コーヒーを飲む人に肝臓がんが少ないという統計がありますが、抗酸化作用のためではないかといわれています。

 

コーヒーは胃に悪い?

 

カフェインには胃酸を分泌させる作用があります。空腹の状態でコーヒーを飲むと胃の内壁を攻撃してしまいます。この状態が続くと、胃もたれを起こします。

 

また、胃酸が食道に逆流すると胸焼けを起こし、食道の粘膜にも影響がでます。そのためコーヒーを空腹時には飲まないようにしましょう。

 

コーヒーを飲むタイミングで一番よいのは食後です。胃酸が胃壁を傷つけることなく、消化を助ける働きがあるからです。休憩時間にコーヒーを飲むときは、軽く何かを食べるようにします。

 

朝、寝起きでブラックコーヒーを飲む場合は、先に温めた牛乳を飲んでからコーヒーを飲むようにすると胃にも優しくコーヒーをより美味しく飲むことができます。

 

 

コーヒーメーカー無料レンタルおすすめ機種

 

トップへ戻る