コーヒーメーカーは胃に悪い?

コーヒーは本当に胃に悪いのでしょうか?

 

コーヒーは胃に悪いと思っている人もいるようです。コーヒーに含まれるカフェインは胃液の分泌を活発にする作用があります。食後のコーヒーは胃の働きを促進させ消化を助けます。

 

しかし、胃酸過多や胃潰瘍の人の場合、大量にコーヒーを飲むと胃液によって胃壁が荒れやすくなります。空腹時も避けた方がよいです。

 

寝起きにブラックコーヒーという人の多いようですが、必ずなにかを食べてから飲むようにしましょう。

 

そして、コーヒーとたばこの組み合わせは一番よくありません。たばこは胃粘膜の血流を阻害し、粘膜が持つ防御機能を弱めてしまうからです。

 

そこへコーヒーが胃の中へ入ることによって胃液が大量に分泌されると胃壁への負担が大きくなってしまいます。

 

ブラックでなくミルクを入れて飲めば胃への負担が少なくなると誤解している人も多いようですが、カフェインを摂取していることに変りはありません。

 

だからといって、コーヒーを控えて紅茶や緑茶に替えてもカフェインを摂取している点では同じです。

 

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は鉄分と結合しやすいので、貧血気味の方は控えたほうが良いでしょう。

 

食後にコーヒーを飲む場合は、鉄分を失われないように少し時間をおいてから飲むようにようにしましょう。

 

コーヒーメーカー無料レンタルおすすめ機種

 

トップへ戻る